お宮参りの赤ちゃんの服装 | ブログ | efy(エフィー)

ブログBlog

2018年5月17日
お宮参りの赤ちゃんの服装

赤ちゃんが産まれると、ご家族はお祝いムード一色に。生後一か月頃に迎えるお宮参りは、赤ちゃんが初めて迎える大きな行事です。でも、お宮参りの時って赤ちゃんに何を着せたらいいか悩みますよね。

今回は、お宮参りの時の赤ちゃんの服装を解説します!


正式な服装

まず赤ちゃんに白羽二重の着物(白の絹で作られた赤ちゃんようの産着)を着せます。上に男の子なら紋付の熨斗目模様、女の子なら友禅模様のお祝い着を羽織らせ、よだれかけを着物の上に出します。

赤ちゃんを抱っこする人の背中で紐をくくれば完成です!

日差しが強い場合はお帽子を被せてあげても可愛いですよ。


現代のお宮参りの服装

男の子なら鷹や兜などの勇ましい柄で、黒や紺や白などが好まれます。女の子なら花や毬などの可愛らしい柄で、赤や白やピンクが人気ですね。他にもブランドの現代柄や、フリルが付いた可愛らしい産着もあります。

また、現代では高価な白羽二重の着物の代わりにベビードレスを着せて、上から産着を羽織らせるのが定番になりつつあります。(筆者もこのパターンでした!)産着ではなくベビードレスでお祝いするご家庭も増えてきましたね!


購入?レンタル?

産着を購入した場合、お仕立て直しをすることで三歳の七五三で活用することが可能です!長く一着を愛着持って着れるのが素敵ですよね。

また、着物の管理が心配なご家庭ではレンタルすることも可能です。レンタル会社も多数ありますし、お宮参りの撮影をフォトスタジオでされる場合は貸し出しレンタルをしている所もありますよ!

 


ご家庭のライフスタイルに合わせてお祝いを

お着物でもベビードレスでも、大事なのはお子様の誕生と成長をお祝いする気持ちです。

お子様に似合う服を選んでお宮参りを楽しんでください!