フォトスタジオの料金相場は?絶対に知っておきたい写真館の相場 | ブログ | efy(エフィー)

ブログBlog

2019年4月8日
フォトスタジオの料金相場は?絶対に知っておきたい写真館の相場

二十歳の記念撮影

マタニティフォトやお宮参り、七五三や入学式など、子供ができたら思い出に残しておきたい瞬間がたくさんあります。

ですが、すべて写真に残すとお金がかかるでは、という声も聞こえてきます。

ここでは写真館やフォトスタジオで写真を撮ったら、何にどれくらいの費用がかかるのかを説明します。

 

フォトスタジオや写真館で必要な基本的な費用

基本的な費用

フォトスタジオや写真館で写真を撮ったときにかかる基本的な費用は大体決まっており、撮影や写真の現像にかかるプリント代、フレームやアルバム、パソコンなどにデータを保存するための費用です。

フレームやアルバム、データが必要かどうかは人によって異なりますが、撮影やプリントは必ず必要になります。

写真を撮るための費用は相場が3000円前後で、衣装代は無料、何着着ても同じといったお店がほとんどです。

意外に安いと思われるかもしれませんが、これには理由があり、写真を撮る回数が多いほど枚数が増えるので購入してもらえる可能性が高くなるためです。

特に子どもの写真は可愛い瞬間をとらえたものばかりなので、ついたくさん購入してしまい、結果、枚数に応じたプリント料金がかかり費用がかかってしまうことになります。

 

撮影料金とプリント料金の相場

撮影料金の相場は3000円前後と紹介しましたがプリント代は写真の大きさによって違い、一般的な大きさである2L(127㎜×178㎜)は1枚あたり3000円、四つ切り(254㎜×305㎜)は6000円、全紙(457㎜×570㎜)は10000円が相場です。

プリント代とは写真の現像にかかる費用のことで、大きくなるほど費用もかさみます。

これらはどこのお店でも差はありませんが、それなりの品質のものを大きなサイズで購入しようとするとやはり料金も高くなるということです。

2Lを1枚だけ購入しようとすると撮影料:3000円+プリント料:3000円=6000円ですが、四つ切りだと3000円高くなり、全紙サイズを購入しようとすると更に費用がかかります。

 

データやフレーム、アルバム料金の相場

フォトフレーム

写真だけ購入するのであれば、すでに説明したように10000円前後ですみますが、記念日の写真ということでステキなアルバムに貼って残したい人もいます。

アルバムには種類がありデザインフォーマットに入れて1枚にまとめ、印刷してくれ、それを増やしていくものと、従来のように写真を張り付けていく方法があり、どちらも相場は5000円~8000円程度になります。

データ料金についての相場は5000円程になり、入手方法はCDに焼いてもらうか専用のサイトから自分でダウンロードするかのいずれかです。

購入できるのは商品となったものだけで、他の写真もデータで欲しいという場合は1枚1000円ほどで追加購入することになります。

フォトスタジオによっては一定の金額を購入しないとデータがもらえないこともあるので確認が必要です。

 

金額に差がでる理由と購入するときのポイント

購入ポイント

結局、どこで金額に差がでるのかというと、写真の品質などではなく何枚の写真を、どのサイズでどのような形で購入するのかということがポイントになってきます。

これらのことをふまえ、費用を抑えるのであればあらかじめな何枚購入するのか決めてセットではなく単品で、費用より記念日やシチュエーションにこだわるのであればセットで購入したほうが良いということになります。

セット購入はいくつかのカットを組み合わせて1枚にしたり、フォトフレームを複数のデザインデータの中から好みで選んで写真と合成したりしてくれるので、記念日を強く印象づけた作品ができあがります。

スタジオによっては着付けなどがオプションとなり追加料金の発生や、データは購入金額が一定以上にならないと購入できないこともありますので、事前に確認しておいたほうがよいです。

 

まとめ

フォトスタジオで写真を撮るときの基本的な費用はどこでもあまり違いがないことがわかりました。

違いがでるのは単品で購入するか、アルバムなどをセットで購入するかですが、どの写真館も思い出に残る1枚を提供するために設備を整え、空間を用意しています。

予算がどのくらいで、どんな1枚にしたいのか事前に考えて、店員さんと相談してプランを決めれば大切な記念日を素敵な写真に残すことができます。