マタニティフォトにおすすめなフォトスタジオの選び方

2021年6月4日
マタニティフォトにおすすめなフォトスタジオの選び方

マタニティフォトのスタジオ

マタニティフォトをフォトスタジオで撮影してもらう際には、どのようなフォトスタジオを選ぶのかが非常に重要になってきます。

マタニティフォトに適したフォトスタジオでないと苦労することも多くなってしまいます。

今回は、マタニティフォトにおすすめなフォトスタジオの選び方をご紹介していきます。

 

撮影スタイルで選ぶ

「どんなスタイルでマタニティフォトを撮りたいか」を重視してフォトスタジオを選ぶという方法があります。

まずは自分がどのような撮影スタイルが好きなのかを知るために、さまざまなフォトスタジオのホームページに掲載されている写真作品を見てみましょう。

またマタニティフォトの撮影スタイルとしては、3つの種類があります。

 

カジュアル系

マタニティフォトの王道とも言われているのがこの「カジュアル系」です。

デニムのパンツやレースのロングスカートとチューブトップといった衣装を着て、カジュアルスタイルで撮影します。

全体的にヘルシーで明るい雰囲気の写真になります。

 

アート系

妊娠を神秘的なものとして捉え、お腹の曲線を美しく撮影するのが「アート系」です。

妊娠期間中の体の曲線美を撮影するため、ライト・ストロボといったもので光の加減を調整し、明るさと暗さのコントラストを強調させます。

重厚感のある雰囲気の写真になります。

 

フォーマル系

人生において重要な出来事である妊娠を記念写真として残すのが「フォーマル系」です。

ワンピースにジャケットを羽織るなど少し形式的な衣装をまといます。

お宮参り・七五三などの写真と同じように、きっちり目の写真になります。

 

自分の撮りたいと思う撮影スタイルに近いものを得意としているフォトスタジオで撮影するということが大切です。

 

場所で選ぶ

場所で選ぶ
妊娠期間中は無理をしないということが前提としてあるため、自宅からの距離が遠くない場所で探すことがおすすめです。

マタニティフォトは妊娠後期の7~9ヶ月あたりで撮影するのがベストだとされていますが、この時期はお腹が大きく移動するのは一苦労です。

そのため、できる限り旦那さんや母親と一緒にフォトスタジオに行くようにしましょう。

 

撮影する前に疲れないように!

フォトスタジオまで電車に乗って移動する場合、駅からの距離やアクセスの方法を事前に確認することが大切です。

階段が多い・駅からの距離が遠いといった問題があると、フォトスタジオで撮影する前に疲れてしまいます。

歩いていくにはアクセスが大変である場合は、車で行くという方法もありますが、その際にはフォトスタジオに駐車場があるかどうかも確認しておきましょう。

 

カメラマンの撮影技術で選ぶ

技術で選ぶ
プロのカメラマンは被写体の魅力を最大限に引き出す技術をもっており、一般の人には撮れない表情や雰囲気を上手く残してくれます。

ただ、カメラマンは専門的な技術が必要とされる職業ではありますが、基本的には資格や免許といったものを持ち合わせていなくとも仕事をすることができます。

写真のクオリティや技術にも大きく左右されることがあるため、フォトスタジオのホームページに掲載された作品集を見て「自分の撮影して欲しいイメージを実現してもらえるかどうか」を確認するようにしてください。

カメラマンの技術を自分の目で確かめることで、「このスタジオにお願いしよう」と決断することができるでしょう。

 

おわりに

今回は、マタニティフォトにおすすめなフォトスタジオの選び方をご紹介しました。

マタニティフォトを撮影するフォトスタジオを選ぶ際にはアクセスや場所はもちろんですが、自分がイメージする撮影スタイルを叶えてくれるかという点に意識して選ぶことをおすすめします。

一生の思い出に残るマタニティフォトで素敵な記念写真を撮影してください。

カテゴリの最新記事
カテゴリの人気記事