七五三の髪飾り 三歳の女の子に似合う髪飾りは?

2021年1月27日
七五三の髪飾り 三歳の女の子に似合う髪飾りは?

七五三は子どもの成長をお祝いする日なので、着物や髪型にこだわりを持って選んでいきたいと考える方がほとんどだと思います。

特に三歳の女の子であれば初めての七五三になるため、めいっぱい可愛くしてあげたいと思うでしょう。

三歳の女の子だからこそ似合う髪飾りというものもたくさんあります。

ただ、三歳の女の子は髪の長さも毛量も少なめというお子様も少なくないため、そんな女の子でも可愛く付けられる髪飾りを選ぶ必要があります。

今回はそんな三歳の女の子の七五三で付けたい、おすすめの髪飾りをご紹介します。

 

かのこ・ちんころの組み合わせ

まず、七五三の定番の髪飾りと言えば「かのこ・ちんころ」の組み合わせが一番に挙げられるかと思います。

これらは日本髪にした時に後ろ姿が可愛くなる髪飾りです。

名前を聞いただけでは分からないという方も、実物は見たことはあるのではないでしょうか?

 

「ちんころ」の髪飾りとは?

前髪や前髪から後ろの髪を膨らませて結ったところに留める、細い紐でできた髪飾りを「ちんころ」と言います。

ちんころは髪の毛の長さに合わせて紐の結び方を変えて、横向けに紐を垂らすようにしてつけます。

 

「かのこ」の髪飾りとは?

「かのこ」は、後ろのまげの結い目を隠すための髪飾りを意味します。

かのこはとても軽くふわふわとした素材が特徴なので、三歳の女の子がたくさん動いても負担にはなりにくいのです。

かのことちんころは柄や素材を合わせてセット販売されている場合が多いです。

二つの髪飾りを組み合わせることで、時代劇の中に登場しそうな、はんなりとした可愛らしい雰囲気になるでしょう。

 

パッチン留めの髪飾り

白の髪飾り
パッチン留めになっている髪飾りも便利な髪飾りアイテムとして人気があります。

パッチン留め以外にも、Uピンやコームといった髪飾りのタイプがあります。

しかし七五三のお参りをする三歳の女の子といえば、まだ髪の長さも毛量も少ないお子様も多いのです。

そのため、どのような髪の長さや毛量であっても付けやすいパッチン留めのタイプものが、一番簡単で付けやすいかと思います。

ただ、中には髪飾りを嫌がるお子様もいるでしょう。

そういったお子様には事前にヘアセットだけを行ってあげて、お参りで写真を撮る時だけ髪飾りを付けてあげてください。

手間もかからないうえ、小さな髪飾りを落とすリスクも無くなるので一石二鳥と言えます。

 

下がり藤の髪飾り

オレンジの花モチーフ
藤の花をモチーフにした「下がり藤」の髪飾りも華やかで可愛いです。

かんざしの先に藤の花のモチーフがあり、その下につまみ細工の花が付いた揺れる紐が何本か垂れているようなデザインが特徴的です。

藤の花が定番の花となりますが、ほかにも梅の花や桜の花がモチーフとなったものもあります。

ほかにも日本の花ではありませんが、パッと目を引くダリアの花がデザインされたものもあり、どんな着物にも合わせやすいと人気です。

下がり藤の髪飾りは、大きさ・色ともにバリエーションが多いことも魅力の一つです。

そのため、お子様に似合うデザインを探しやすいです。

お子様自身が気に入ったものを付けさせてあげるのも良いかもしれません。

中には紐の飾りの先に鈴が付いたデザインもあり、歩くたびに「チリンチリン」と可愛い音がなるので、たくさん動くお子様にとって楽しい遊びにもなるようです。

 

おわりに

今回は三歳の女の子の七五三で付けたい、おすすめの髪飾りを三種類ご紹介しました。

三歳という時期はまだまだ動き回ることが多く、髪飾りもしっかりしたものでないと落ちてしまう可能性があります。

可愛らしい髪飾りは他にもたくさんありますが、お子様の性格や動き方に合わせて髪飾りのタイプを選ぶと良いでしょう。

また三歳の女の子の場合、髪飾りは七歳の七五三時にもそのまま使用するパターンが多いです。

そのため大きくなっても使用できるデザインを選ぶと便利かもしれません。

カテゴリの最新記事
カテゴリの人気記事