七五三のお参りのベストタイミング。お参り・写真はこの日に決めた! | ブログ | efy(エフィー)

ブログBlog

2019年4月5日
七五三のお参りのベストタイミング。お参り・写真はこの日に決めた!

家族で七五三の記念撮影

七五三は子供の健やかな成長を願う伝統的な行事で、住んでいる地域の氏神様にお参りする習わしになります。

地域によって多少風習に違いはありますが、女の子は3歳と7歳、男の子は3歳と5歳でお祝いすることが多いようです。

七五三は数え年でした方がいい?

七五三というと数え年でするものと昔は言われていましたが、最近では満年齢で行うことも多くなっています。

子供が複数いる場合には、同時期に済ませられるように調整することもあるようです。

数え年で行っても満年齢で行っても大丈夫ですが、一度数え年で行ったら次も数え年で行います。

女の子は3歳と7歳で七五三を行うのが一般的ですが、3歳の時に満年齢で行ったら7歳の時も満年齢で行うのが基本です。

数え年の3歳は実際にはまだ2歳なので、幼さが感じられる年齢でしょう。

とても可愛らしいですが、慣れない着物を着てぐずってしまうのが心配という親御さんもいると思います。

神社に行って疲れてしまうこともあるので、子供の成長に合わせたベストタイミングを選ぶことが大切です。

 

神社へのお参りのベストタイミングは?

お参りのベストタイミング

七五三のお祝いは11月15日とされています。

この日に神社にお参りするものですが、平日だと仕事を休めないということもあるでしょう。そのため週末など時期をずらして神社に行くことが多くなっています。

11月15日の前後の週末は、神社にお参りする人が多くいます。

非常に混雑するので、1ヶ月から2ヶ月程度時期をずらすこともあります。

祖父母を招いて食事会などを行うこともあり、参加する人の都合も考慮しなければなりません。

わざわざお祝いに駆けつけてくれるのですから、精一杯おもてなしをしたいものです。

11月は過ごしやすい気候なので、お祝い事には最適な季節になります。

時期外れだと神社が対応していないこともあるので、事前に確認することが大切です。

 

写真撮影のベストタイミングは?

神社に参るタイミング

七五三の写真は、写真館やフォトスタジオで撮影することが多いと思います。

当日に写真撮影を行う人もいますが、最近では別の日に撮影することが増えています。

当日はとても疲れてしまうので、子供の負担が大きくなるからです。

別の日に写真撮影を行うことで、子供が元気の良い状態で臨むことができます。

疲れているとぐずってしまうことも多く、笑顔が引き出せないこともあるようです。

それから11月は予約が殺到するので、希望する日時を予約することが出来ない場合も出てきます。

人気の衣装も予約で埋まってしまうこともあるので、早めに予約しておくのがおすすめです。フォトスタジオの多くは、春や夏のシーズンにキャンペーンを実施しています。

 

お得な特典のある早撮りがおすすめ

撮影のタイミング

写真撮影のベストタイミングは、春や夏のシーズンです。

七五三にはまだ早い時期なのでお得な特典が付いていることが多いですし、混雑していないのでゆっくり写真撮影を行うことができます

男の子は羽織袴を身に付けて、女の子も着物を身に付けます。

また、タキシードやドレスなどの衣装が用意されているフォトスタジオもあるので、和装と洋装を撮影することもできます。

可愛らしいドレスや着物は女の子の憧れなので、色々着てみたいというお子さんも沢山います。着物を購入するという場合もあります。

それを着て写真館で撮影することもありますし、フォトスタジオに持ち込んで撮影するのも大丈夫です。

時間帯が遅いと子供は眠くなってしまうこともあるので、午前中など早い時間帯がおすすめになります。

 

まとめ

七五三のお祝いは11月15日とされています。

数え年で行っても、満年齢で行っても大丈夫です。平日だと仕事の都合で休めないことも多いので、前後の週末など時期をずらして行うことが多くなっています。

参加する人の都合に合わせて日程を設定するようにしましょう。

写真撮影は、七五三当日ではなく別の日に行うのがおすすめです。春や夏のシーズンだとお得なキャンペーンもあります。