ハーフバースデーにおすすめ ベビーヌードとは

2020年2月27日
ハーフバースデーにおすすめ ベビーヌードとは

ベビーヌード

近年赤ちゃんのハーフバースデーに、ベビーヌードの写真を残す親御さんが増えています。

生後半年となるハーフバースデーに、何故こうした流行が見られるのでしょうか。

赤ちゃんの成長はあっという間です。

もしその間に多くの写真を撮りたいとお望みの親御さんは、是非ハーフバースデーのベビーヌードにもご注目ください。

 

ベビーヌードとは

まずベビーヌードとは、文字通りヌードの赤ちゃんを撮影することです。

もともとは海外を中心に根付いていたものですが、近年では日本でも随分と浸透してきています。

何故ヌードなのかという疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょうが、半年間の身体の成長を見やすく、またベビー期特有のムチムチとした体型を楽しめるためです。

我が子を愛おしく想う気持ちはどの親御さんもお持ちのものであり、着衣状態ではなく敢えてベビーヌードという方法を選ぶのも愛情表現の1つという考え方ができます。

価格は約4,000円前後からが相場となっており、衣装でベビーブルマなどを着用することも可能です。

 

どうしてハーフバースデーにベビーヌードがおすすめ?

ハーフバースデー
生後半年となるハーフバースデーでは、驚くほど赤ちゃんの成長を実感できます。

好きなおもちゃで遊んだり寝返りをしたり、色々とできることが増えてくるのもこの時期からです。

だからこそハーフバースデーを特別なお祝いの日とする方は少なくなく、生まれたときの姿と見比べやすいベビーヌードがおすすめとされています。

そもそもこういった写真は今しか撮れない、そう考える親御さんも多いです。

赤ちゃんは裸で産まれてくるものですが、2つ3つと年を重ねていくと徐々に抵抗感が出ます。

しかしハーフバースデーの時期なら、まだそういった抵抗感が薄く、特別感を求めて選択する方がいるのも事実です。

もちろん必ずしもハーフバースデーに何かを残す必要はないのですが、仮にお写真を撮るのであればベビーヌードもご一考されると良いでしょう。

 

ベビーヌードの注意点

大きな注意点としては、まずどこででも撮影はできないという点です。

通常の写真であれば、スタジオの外に出て撮影が行われることもあります。

ですがベビーヌードでは、原則屋内のみになることをご注意ください。

スタジオによっては、ハーフバースデーのお祝いをセットで行ってくれるところもあります。

一方でまだベビーヌードの撮影に対応していないところや、価格が相場を大きく上回るところがあります。

お住まいの最寄りのスタジオが対応しているのかどうか、まず事前にご確認ください。

 

ハーフバースデーのベビーヌード撮影は写真館でしよう

写真館でベビーヌード撮影
もし実際にハーフバースデーのベビーヌードを撮影されるなら、写真館に依頼されてはいかがでしょうか。

写真館ではハーフバースデーのお祝いの他、衣装やスタジオの飾り付けも豊富な中からお選びいただけます。

実績も豊富ですので、近畿郊外からお越しの方も多いです。

せっかくのハーフバースデーですし、安心出来るところで撮影を行いたいのではないでしょうか。

どこに依頼をしようかお悩みなら、是非写真館を選択肢の1つとしてお考えください。

赤ちゃんとはいえ、お子さんの裸の撮影をお願いするには信頼感が大切です。

スタジオの豪華さや撮影の技術だけが、撮る側の腕ではありません。

大事なハーフバースデー、その良き日に良きスタジオで素敵なお写真を残してください。

 

おわりに

ベビーヌードには、ハーフバースデーだからこその良さもあります。

赤ちゃんにとって非常に大きな半年という歳月、その成長を記録するにはベビーヌードは最適です。

まだまだハーフバースデー自体、日本で十分に定着しているとは言えませんが、いずれはこうしたお祝いも当たり前になっていくのかもしれません。

やがてお子さんが大きくなり、自分の赤ちゃん時代を振り返りたくなったときにも、そのお写真は必ず大切な思い出となります。

カテゴリの最新記事
カテゴリの人気記事