バースデーフォトはいつ撮ればいい?撮影時期のおすすめ! | ブログ | efy(エフィー)

ブログBlog

2019年8月27日
バースデーフォトはいつ撮ればいい?撮影時期のおすすめ!

髪飾りを付けている赤ちゃん

家族の記念日には色々ありますが、その中でも子供の成長を家族で祝う誕生日は、家族にとってとても大切な日です。

誕生日は毎年、年に1度訪れるものでその日の子供を「バースデーフォト」として写真に収め、成長を記録する親御さんは多くいます。

お子様の誕生日を家族とともに素敵な写真で彩る、素敵な思い出になるはずです。

 

バースデーフォト

寝返りをした赤ちゃん
バースデーフォトは、主にお子様の誕生日に撮影する記念写真です。

赤ちゃんが1歳になった記念日、5歳や10歳という節目の年など、撮影を希望されるファミリーはそれぞれの時期を考えているものです。

最近では家族との絆をより深めるという観点で、毎年のようにバースデーフォトの撮影を行うというファミリーも珍しくなくなりました。

1年ごとに記録を残すことでお子様の成長もよりしっかりと実感することができ少しずつ大人に近づいていく表情や、その時の年令でしか見せることのないしぐさなどを、思い出という形で画像に残しておくことができます。

バースデーフォトは、毎年積み重なっていく自分たちファミリーの宝物としておすすめできる素敵な思い出作りの方法と言えるでしょう。

 

ハーフバースデーフォト

最近は「ハーフバースデーフォト」という、6ヶ月ごとにより細かい区切りで家族の記念写真を撮るケースも増えてきました。

6月が赤ちゃんの誕生日であれば、その半年後の12月にも写真を撮るということで、お子様の成長の様子をより細かく実感することができます。

生まれたばかりの時点、その半年後、1年目と積み重ねていくと、お子様が成人されるまでに驚くほどの思い出の画像が残せることとなります。

自分自身の成長の証でもある記念写真は、何よりも大切なメモリアルとなるものです。

きっと将来のお子様にも、大変喜んでもらえるに違いありません。

バースデーフォトとハーフバースデーフォトを積み重ねて、半年ごとに自分たちファミリーの「歩み」を残していくことがおすすめです。

 

バースデーフォトはちょうど誕生日に撮ったほうがいい?

多くの方が、バースデーフォトをいつどのようなタイミングで撮ればよいのかとお悩みではないでしょうか。

理想的なのは誕生日当日となりますが、それぞれの仕事や学校などでタイミングが合わないという例も少なくありません。

スタジオでヘアメイクや衣装を選んでの撮影となりますので比較的時間に余裕があった方が、より良い記念写真を残すことができるという観点から、この日であればファミリー全員が落ち着いてスタジオ入りできるという日を選ぶことが大切です。

そのために、誕生日当日ということにこだわるよりも、その日を起算として前後1週間程度の余裕を見ておくと良いでしょう。

1週間程度であれば半年や1年という定期性にも、それほど大きな影響はありません。

 

efyのバースデーフォト

耳のついた帽子を被っている赤ちゃん
バースデーフォトはご自宅で撮影することも可能ですが、家族も入りきれいな写真を撮るためにはやはりプロに任せるのがおすすめです。

フォトスタジオ「efy」では、七五三からマタニティーフォトまで様々な写真撮影を行っており、写真の質について安心して利用して頂けます。

バースデーフォトの撮影は、予約を入れておくことで余裕を持った記念写真を撮ることができます。

お子様が着用されるドレスやスーツはもちろん、ユニークで可愛らしく見える「着ぐるみ」などの素敵な衣装が用意できるのも、専門のスタジオならではのメリットです。

お着替えについては何回でも無料となっており、さまざまな衣装で最高のポーズを撮ってみるのも良いでしょう。

プロの技術でヘアメイクも素敵にアレンジできますので、お子様の魅力をさらに高められます。

華やかで和やかな雰囲気の家族写真も、いつまでも残る最高の思い出となりますので、これからお考えの方は一度efyの作品例をご覧ください。

 

おわりに

バースデーフォトをお子様のみで撮影しようと考えている方もいらっしゃると思いますが、ファミリーで残してみるというのもおすすめです。

素敵な写真はファミリーの絆も高めることができ、部屋の中に飾っておくことで幸せ感も高まります。

家族全員で残す思い出だからこそ、フォトスタジオでプロに撮ってもらうのが良いでしょう。

いつまでも形として残る思い出を、バースデーフォトで作っていってみてはいかがでしょうか。

バースデー・ハーフバースデーフォトをご検討中の方

こちらをチェック♪