【フォトスタジオ撮影】子ども・赤ちゃんの「困った」解決法!

2021年5月30日
【フォトスタジオ撮影】子ども・赤ちゃんの「困った」解決法!

子どもの困ったを解決

子ども・赤ちゃんにとって初めてのスタジオ撮影はいろいろとトラブルが起きてしまうもの。

今回は、フォトスタジオ撮影での子ども・赤ちゃんの「困った」を解決する方法をご紹介していきます。

 

子ども・赤ちゃんが不機嫌な場合は?

フォトスタジオで子ども・赤ちゃんが不機嫌になった場合の解決法をご紹介します。

 

お気に入りのおもちゃであやす

ほとんどの子どもや赤ちゃんには「お気に入りのおもちゃ」があります。

このおもちゃをフォトスタジオに持参しておき、不機嫌モードになってしまった場合に取り出してあやしてあげましょう。

子ども・赤ちゃんの笑顔を引き出すため、フォトスタジオにもおもちゃや小物が置いてあることが多いですが、やはり一番効果的なのは普段から遊んでいる「お気に入りのおもちゃ」です。

お気に入りのおもちゃは1つではなく、できれば2~3つほど持っていくと安心です。

遊び慣れているおもちゃがあれば子ども・赤ちゃんの機嫌が良くなり、自然な笑顔を引き出すことができるかもしれません。

 

一口サイズのおやつでご機嫌をとる

おもちゃと併せて持参しておきたいのが「一口サイズのおやつ」です。

このおやつに関しても、赤ちゃん・子どもがいつも食べているものやお気に入りのものを持っていくと良いでしょう。

おやつを食べることによって気持ちが落ち着き、ご機嫌になることもあります。

ただ、おやつは「一口サイズ」を守るようにしてください。

サイズが大きすぎるものを選んでしまうと、食べきるまで時間がかかってしまうのです。

おもちゃを使っても効果が無い場合は、おやつを用いてご機嫌を取るようにしてみましょう。

 

子ども・赤ちゃんが眠ってしまった場合は?

眠ってしまったとき
子ども・赤ちゃんが眠ってしまった場合は、しばらく様子を見てから優しく起こすようにしましょう。

また、できる限り眠くならないように対策することも大切です。

お昼過ぎから夕方にかけてのお昼寝タイムに差し掛かると、どうしても眠くなってしまいがちです。

眠くなってしまった子ども・赤ちゃんを無理やり起こしてしまうと泣き出したり、ぐずったりしてしまうので注意しましょう。

可能であれば、子ども・赤ちゃんが元気な午前中に撮影を終わらせるように調整するのがおすすめです。

 

子ども・赤ちゃんが人見知りをする場合は?

人見知りをする場合
子ども・赤ちゃんによく見られるのが「人見知り」です。

初めての場所に行き、初めての人に会うと子ども・赤ちゃんは緊張して、顔がこわばってしまう傾向にあります。

そんな緊張状態を上手く緩める方法として効果的なのが、「お母さん・お父さんがリラックスして笑顔を見せること」です。

お母さん・お父さんが楽しそうにしている様子を見た子ども・赤ちゃんは自然と安心することができ、緊張が徐々にほどけてくるでしょう。

 

お母さん・お父さんも写真に写れるよう準備が必要

子ども・赤ちゃんの中には、お母さん・お父さんがそばにいる時は自然に笑えても、離れてしまうと緊張したり泣き出したりしてしまうこともあるかと思います。

この場合、お母さん・お父さんも子ども・赤ちゃんの側にいてもらう・抱っこしてもらうという方法をとることがあります。

そのような場合でも一緒に写真に写れるよう、きちんとした服装を着る・メイクをしておくなどあらかじめ準備しておくと良いでしょう。

「自分たちが写るのは少し抵抗がある…」という方は、側にはいるけれど子ども・赤ちゃんが一人で写るように撮影してもらったり、子ども・赤ちゃんの顔だけを写してもらったりすることも可能です。

 

おわりに

今回は、フォトスタジオ撮影での子ども・赤ちゃんの「困った」を解決する方法をご紹介しました。

トラブルが起きた場合でも焦らず対処できるように、できる範囲で対策しておくことも大切です。

子ども・赤ちゃんが自然な笑顔を出せるように工夫してみましょう。

カテゴリの最新記事
カテゴリの人気記事