ファーストバースデーのお祝いを自宅で楽しむ

2020年9月17日
ファーストバースデーのお祝いを自宅で楽しむ

ファーストバースデーのお祝い

ファーストバースデーのお祝いを自宅で楽しみたいと考えている方もいるでしょう。

しかし、自宅で楽しみたくてもできることが限られると思っている方はいませんか。

工夫次第で思い出に残る素敵なお祝いができるので、何ができるか考えていってみましょう。

 

ファーストバースデーのお祝い行事

ファーストバースデーのお祝い行事というのは、一生に一度しかない出来事です。

そして、子どもにとって初めて祝われる誕生日でもあります。

ファーストバースデーという一生に一度かつ初めての誕生日をより良いものにするために、何ができるか考えてみましょう。

日本におけるファーストバースデーの定番は一升餅です。

この一升餅というのは、子どもが一生食べ物に困らないようにという願いを込めて始まった行事です。

そして、自宅でお祝いをするなら、大人用のメニューだけではなく、子ども本人が楽しめるメニューの工夫が欠かせません。

1歳はいろいろなものが食べられるようになってきた頃なので、盛り付けを工夫して少しずつさまざまなメニューが楽しめるようにするのがポイントです。

 

ファーストバースデーにおすすめのプレゼント

ファーストバースデーにおめかし
自宅でファーストバースデーのお祝いをする際に人々を悩ませる点の一つが、どのようなプレゼントを用意したらよいのかという点です。

たとえば、ファーストバースデーのお祝いとして、1歳前後の赤ちゃんが興味を持ちそうなおもちゃを選ぶのもよいでしょう。

1歳前後の赤ちゃんは、さまざまな音や色そして手触りなどに興味を持っています。

そこで、パズルや積み木など五感を刺激するものをプレゼントすることで、赤ちゃんの脳の発育にも役立ちます。

また、ファーストバースデーのお祝いで忘れてはいけないのが、赤ちゃんは物を口に入れる可能性が高いという点です。

自宅で遊んでいて飲み込むことがないように、サイズにも気を使うことが大切です。

親御さんも自宅で一緒に楽しめる飛び出す絵本などもおすすめのプレゼントです。

 

ファーストバースデー 自宅での飾りつけや撮影

自宅でファーストバースデーのお祝いをしたいとき、飾りつけで悩むという方も多くいます。

自分で飾り付けをしたいなら、小物などを多く使うことで手軽に雰囲気を工夫して変えることが可能です。

一方で業者に依頼して、バルーンアートなどで自宅を飾りつけるという方法もあります。

また、お祝いを記録するための写真撮影では、どのような点に工夫したらよいのでしょうか。

寝相アートなどを利用して、自宅で赤ちゃんのありのままの姿を思い出に残すケースもみられます。

自宅の撮影はリラックスしてできるだけではなく、ファーストバースデーのお祝いの状況をそのまま写真に残せるというメリットがあります。

良い思い出になるように、撮影方法を工夫するのもポイントの一つです。

 

ファーストバースデー スタジオならではの撮影

ファーストバースデーを兄妹で撮影
一生に一度のファーストバースデーなので、自宅ではなくスタジオで撮影をしたいと考えている方もいるでしょう。

ファーストバースデーのお祝い写真をスタジオで撮影するメリットは、プロに本格的な写真を撮ってもらえるという点です。

自宅にはない小道具も多く使った撮影が可能なため、自分のイメージに合った写真が残しやすくなるのです。

そして、ファーストバースデーのお祝いにおいて、プロの撮影なら赤ちゃんの一番良い表情を引き出してもらいやすくなります。

良い表情の子どもの写真がなかなか撮れないという方は、プロに依頼してお祝いを記録してもらうのも一つの手です。

子どものお祝いを特別なものにするために、どのような写真がよいのかしっかりとイメージすることが大切です。

 

おわりに

ファーストバースデーのお祝いを自宅でしたいとき、工夫次第でさまざまな楽しみ方があります。

自宅の飾りつけも小物を使うことで、思い出に残るバースデーにできます。

また写真で思い出を残したいとき、自宅で撮影する方法とスタジオでプロに任せる方法があります。

撮影方法ごとに異なるメリットがあるため、状況に合わせて検討するようにしてみましょう。

カテゴリの最新記事
カテゴリの人気記事