ハーフバースデーフォトにおすすめの衣装をご紹介

2021年1月25日
ハーフバースデーフォトにおすすめの衣装をご紹介

生まれてから半年経った記念に行うのが「ハーフバースデー」。

一生に一度限りのハーフバースデーは、素敵な衣装を着せてあげてハーフバースデーフォトとして写真に残しておきたいという方も多いでしょう。

ただ、赤ちゃんの衣装にも男の子・女の子でいろいろな種類があります。

「どれが良いか迷ってしまって決められない…」という方に向けて、今回はハーフバースデーフォトにおすすめの衣装を男女別にいくつかご紹介します。

 

男の子編1:袴ロンパース

ハーフバースデーにいつもとは違う特別感を出したいという方であれば袴ロンパースがおすすめです。

特に黒をベースとした渋いデザインの袴を選ぶことで、普段の無邪気な可愛さとのギャップが演出できます。

袴と言ってもロンパースなため、いつも着用させているものと着心地は変わりません。

赤ちゃん自身もリラックスして着ることができる衣装でしょう。

また兜があれば、端午の節句の時期にも使用できます。

普段の着用には向いていないかもしれませんが、せっかくのハーフバースデーなので、おめでたい衣装を着せたいという方にはおすすめの衣装です。

 

男の子編2:蝶ネクタイ柄のスタイ

男の子の衣装
「袴のロンパースはかっこいいけれど普段使いできなさそう…」という方であれば、蝶ネクタイ柄のスタイはいかがですか?

よだれかけなので袴ロンパースに比べるとかなり気軽に着用することができます。

またハーフバースデーに限らず、普段のちょっとしたおでかけにも使いやすいデザインなのではないでしょうか?

モノトーン色のスタイをつけてシルクハットや黒のパンツなどを合わせることで、より正装感が出てかっこよくなるでしょう。

是非、スタイに合わせて飾りつけにも力を入れてみてください。

 

女の子編1:ドレス

女の子の衣装と言えばやはり「ドレス」が浮かぶ方も多いでしょう。

少し大きめサイズのドレスにすれば、結婚式などのお呼ばれ時にも衣装探しに困らずに済みます。

れっきとした正装になるため、1つ購入しておくと意外にもその使い道は多いのです。

お祝いの雰囲気にもぴったりと言えるでしょう。

ただ、ドレスに着慣れていない赤ちゃんは着用をとても嫌がる可能性があります。

赤ちゃんに嫌がらず着てもらいたいという場合は、バースデー当日までに何回か着用させてならせておく・ドレスの素材を赤ちゃんに向けの柔らかいものにするといった工夫が必要です。

普段から使えるようにしたい・赤ちゃんが嫌がるのが心配という方は、ドレス風ロンパースにするという選択肢もあります。

赤ちゃんが普段着用しているロンパースですが、ドレス風になっているので、快適さも可愛さも諦めずに済むでしょう。

 

女の子編2:チュチュ

女の子の衣装
ふわふわとした素材がかわいいチュチュは、ドレスと同じく女の子に人気の衣装です。

特にスカートタイプのベビーチュチュでしたら、女の子が成長してからもお祝いの日などに使うことができるため便利です。

ただワンピースタイプのベビーチュチュであれば、子どもの成長を考えると長く使い続けることは難しいでしょう。

普段使いしにくいチュチュではありますが、お出かけやお祝いの場では華やかに見えて大活躍すること間違いなしです。

 

おわりに

今回は、ハーフバースデーフォトにおすすめの衣装を男女別にいくつかご紹介しました。

お祝いの日なのでせっかくなら男の子をかっこよく、女の子を可愛らしくしてハーフバースデーをお祝いしてあげたいというのが親心です。

赤ちゃんには赤ちゃんに合った正装があるので、いろいろ探してみるのも楽しいかもしれません。

今回ご紹介した4点の人気衣装を参考に、両親はもちろん赤ちゃんも納得できるハーフバースデー衣装を選んでみてはいかがでしょうか?

カテゴリの最新記事
カテゴリの人気記事